ゴールドカードを30代からおすすめをする理由とは

前から気づいてはいたんですが・・どうやらイブプロフェンを飲むと顔がかゆくなるみたいです。鎮痛剤です。頭いたいな~と思って規定の量飲んだんですけど、次の日顔がかゆい・・・。何回か繰り返して、さすがに「この薬合わないんだ!」と確信しました。で、なんで顔がかゆいんだろうと調べたところ、思い当たる節が。「日光過敏症」です。もともとこの傾向があって、日差しが強いとすぐに顔が赤くなって炎症を起こしてました。でも、薬で引き起こされることもあるんですね!勉強になりました・・。何年も使っていたんですが、体質に合わなくなったのかもしれません。しかし、過去にアスピリンで顔にぶつぶつができた私。イブプロフェンも飲めないとなると、不便すぎる!!とかかりつけの皮膚科に行ったときに相談したら、ロキソニンを出してくれました。ロキソニンは結構つよいから心配だ~と思っていたんですが、これは大丈夫でした。アレルギー体質の人間はいろいろと大変です(笑)O型のせい・・?やけに蚊にかまれます。O型はかまれやすいっていいませんか?去年の夏の終わり、ツイッターで蚊に刺された時のかゆみの消し方が書いてあるのを読みました。「蚊の毒は熱に弱い。熱めのお湯を刺されたとこにつけるとかゆみが消える」へ~!と感心したのですが、去年は試せず・・。なので今年こそは!と思ってたんですけど、よく考えたらわざわざお風呂に行って、熱いシャワー出すのめんどくさい・・??でも、「ドライヤーの熱風でもきく」と小耳にはさみました。これなら簡単!!そして、昨日、さっそく刺されたので試してみたのですが・・。「??」あれ・・まだ・・かゆい・・全然かゆい!!と結局ムヒぬりました。熱風当てる時間が短かったのかな・・。でもそんな当ててられないですよ熱いし!そして今日、新情報。「ティッシュを濡らしてレンジでチンしたのが一番効く」ほんと~!?でもこれならドライヤーの次に楽ですね。いやシャワーとどっこいか(笑)とにかく、次はレンチンを試します。散歩のついでに植物の写真を撮ってブログにUPしています。植物なんてお堅い言い方ですが、足元の草やちょっと見上げた木の新芽。写真に撮るとこの花なんだろう?とつい調べたくなります。この辺の低い生垣?道路に沿ってこんな低いのも生垣かな?ですよね!シャリンバイが植えられています。ハナミズキもこの辺は多いですね。スーパーの周りは白い花のシャリンバイ。有名私立学校の回りはピンクのシャリンバイです。この猛暑きっと暑さにも水切れにも強いのだろうなと考えながら。このあいだ目ずらし花を見つけました。皇帝ダリアです。見つけた時はこれ何?ダリアだけど何でこんな背が高いの?巨大ダリアが2階位の高さまで伸びて咲いています。茎は竹のように節があります。青竹の先にダリアが咲いてる状態です。調べてみると確かに珍しいですが丈夫なようで。。そこからすこし離れた池の際に背丈の低いのが見つかりました。竹のような茎を切って植えれば育つかもしれないけど止めておこう!狭い庭に合わせた可愛いのがいいです。